FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.30

メーサイへの小旅行

071227mesai2.jpg

チェンマイとメーサイを結ぶVIPバスです。
一番グレードの高いバスだけあって、8列で3人掛け。飛行機のエコノミークラスよりは格段に広いです。
今回初めて乗ってみたのですが、普通の人には最高のグレードだと思うのですが、腰痛もちには別の意味でつらいかもしれません。椅子がリクライニングすることを前提に作られているので、私にはつらかった。人口密度が低いのはありがたいですが。

071227border.jpg

ミャンマーの入り口。国境のゲートです。
ミャンマー側は軍人も役人もいたって親切でした。私たちの顔が500バーツ札に見えていたりして、と穿ったことを言ってみたりする……。

071227tatilek.jpg

ミャンマー側はタチレクという町になります。橋を渡ったところが市場になっており、中国から流れ込んでくる雑多な、ありとあるモノを売っています。今回特に目に付いたのは、海賊版のVCDというDVDのようなもの。私のパソコンはそれを読み込むパーツがないので、買いませんでしたが。

071227border7.jpg

これが国境の橋。
半分までタイの旗、向こう半分はミャンマーの旗が立っていました。
タイ、ミャンマー両国の人々もものすごくたくさん渡っていて、にぎやかな国境でした。

閑話休題。

往きのバスの中でトイレに行きました。バスのトイレは碌なものじゃないので、普段は使わないのですが、このバスは「トイレがある」ためにトイレ休憩をしないらしく、切羽詰りまして。
バスの最後部にドアがあり、その奥はちょっとした物置のようになっています。トイレはその中の側面にあり、ドアはバスの車体の長いほうに平行して付いています。もしそうではなく、ドアが進行方向に対して垂直についていれば、あれほどの悲劇は引き起こされなかったのではないかと思うのですが。

さて、トイレに入っていざドアを閉めようとすると、閉まりません。
いろいろ格闘しましたが、閉まりません。VIPバスなのに、と呆然と立ちすくむ私。しかもノブでもなければ取っ手があるわけでもなく、小さなつまみのようなものがあるだけなのです。カセットコンロのダイヤルを想像していただくと近いかも。
私はしばし考えましたが、それでも何とかつまみを保持しつつ準備を整え、いたしはじめました。切羽詰っていたので、やめるという選択肢はなかったのです。

ところが、途中でバスが下りの山道に入ってしまいました。
ぎゅいーーーーーん! とカーブを曲がる、おっと、すさまじいGがかかる、私は必死でつまみを掴み続けようとするのですが、ドアは虚しく私の手から離れてすさまじい勢いで開いていってしまうではないですか! ピンチです! 私はドア全開のトイレの中で蒼ざめました。いくら中国の全開トイレが平気だと言ったって、ここは通常ドアが閉まっているべき場所なんです。ドア全開でトイレするなんて、犯罪ですよ。
なんて焦っていると、さらに今度は逆のカーブだ、ドアはすごい勢いでこっちに跳ね返ってくる、これを掴まなければまた開いてしまう、不安定な態勢ながらなんとか確保、しかしまた逆カーブが、ぎゅいーーーーーん! うおぁぁぁGが! 指先からもぎとられたドアはまたすごい勢いで開き、そしてまた次のカーブでこっちに叩き返されてくる……。

一体これを何度繰り返したでしょうか。
我慢していたものから解放される喜びなんてどこにもありません。というか、放出できたのかどうかすら、私にはさっぱりわかりませんでした。長い長い数分間が、そうして過ぎていきました。
最後にズボンを上げるときに両手を使うわけですが、その時にはドアがガーーーン!と開いていっても、もう勝手にすれば? と冷ややかに眺めるだけの私でした。

VIPバス、二度と乗りません。

年の瀬に、お目汚しで申し訳ございません(平伏)
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://chaingmai.blog88.fc2.com/tb.php/23-6d1dcedb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
山が上り坂じゃなくてよかったですよーーー
もぉおおお
いたしつつ転がり出ちゃったなんてことにでもなったら
何を心配していいのかwwwww

とにかく
無事に新年をお迎えください!!


Posted by りー at 2007.12.30 18:59 | 編集
そうか、確かに!
最悪のシチュエーションだと思っていましたが、
さらに上の最悪があったんですね・・・。
ということは、よかったのか、私(笑)
今後はちゃんとトイレに行ってからバスに乗ります。

りーさんも、よいお年をお迎えください!
Posted by ヤマネ at 2007.12.31 13:25 | 編集
まるでコント!

良いお年を!
Posted by はぶ at 2007.12.31 23:41 | 編集
この国境の橋で少数民族の娘たちと記念写真を撮ってしまったことは、僕の触れられたくない過去ですw まあ、今よかずっと可愛かったってことで・・・
しかし、それにしてもこの年の瀬、なんて会話してるのでしょう、女2人で(爆笑)
良いお年を!
Posted by 没関系 at 2007.12.31 23:55 | 編集
没さん、その頃はミャンマーに入れなかったのですか? 今はそういう可憐な少女はいないみたいです。
りーさんの想像力にはもう、負けましたw

そちら日本はもう年が明けて2時間以上。
よい1年になりますように!
今年は怪我をなさいませんように!

はぶさん、
よい1年を、そして、よい旅を!
Posted by ヤマネ at 2008.01.01 02:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。