FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.29

しゅん・・・

私がいるアパートは先週あたりから塗装工事をやっていたのですが、今朝騒がしくて起きてカーテンをそっと開けると、昨日まであった"竹の足場"が消えていました。終わったようです。それにしても、6階建て(?)なのに竹とロープで足場ですよ。見てるこっちが怖い。

怖いと言えば、昨日の第一稿を読んでしまった方には、私が怖かったかもしれません……。素直に謝っておきます。あの、笑わせようと思っていささか露悪に走りました。いささかじゃないか。すみませんでした。それから、長すぎたですね。

書いちゃあやまる(笑) なら書かなきゃいいんだけど。
それがまた性っていうか、業っていうか……。

夜には夫に怒られました。記事に関してもそうなんだけど、それより何より、いや、皆さんにももうおわかりか、何でバスで帰ってきたか、ということについて。何でタイにいるのか、よく考えろ。って怒られました。返す言葉もありませんね。自分が悪いです。

フライトが満席だったのも事実ですが、本当の本当のところ、自分はバスに乗れるんだろうか? ということを確かめたかった、というのも理由の1つでした。何をバカなことをと思われるでしょうね。バスに乗るって、確認しなきゃいけないほど大事なことなのか? とね。大事だったんです、自分には。

私は脊椎管狭窄症というものを患い、しかもそれは先天的な奇形と青少年期の過度な運動による疲労骨折と絡み合い、どうともよくわからない状態にあります。手術しかないと言う医者もいるし、時が経てばそのまま固まる(いい意味で)かもしれないと言う人もいます。現状では腰椎と骨盤周りの痛みと、左足への坐骨神経痛としびれがあり、小康状態になったり悪くなったりを繰り返しています。
いい時は、傍目にはほとんどわからないほど普通に歩いているはずです。現にビエンチャンで1時間さ迷っても平気でした。
でもおそらく、治ることはないのだろうと思います。できるのは現状維持。それでも経年変化は避けられないだろうから、やはり少しずつ悪くなっていくのではないか、と。
今を通り抜ければ治るのなら、そうですね、バスに乗るなんて考えもしなかったと思います。でもね、どのみち治らないのなら、今しか行けない場所があるかもしれない、と考えてしまう。

1000人の人に聞けば1000人の人が、もうそんなバカなことはやめなさいと言うでしょう。10年後に普通に暮らせている可能性を少しでも減らすようなことはすべきではない、と言うでしょう。でもその1000人の人は、残念ながら、誰1人として、私じゃない。1000人の人の正解が私の道であるのかどうか……。

自分でも、もう十分にやってきたじゃないか、と思う時もあります。十分過ぎるほど、そう、ごく普通に家族を支え、国や経済を支え、職場で必要とされ日々働いている方々から見れば幸福すぎるほど、行きたいところに行き、やりたいことをやってきた。自分の人生なんか、誰の何の役にも立ってない、遊んでるだけみたいなものですから。ずっと遊んできたんだから、もう終わりにしたっていいじゃないか(旅をね)、と思うことはあります。
というか、日々言い聞かせてる。これは本当です。
だけど。
って、この"だけど"をやめなきゃね。
まったく、40も過ぎてるのに不惑どころか、思慮分別もないままですね、自分は。

塗装工事が終わったのでカーテンも窓も開けられるようになり、洗濯物も外に干せてちょっとほっとしています。そうそう、昨日はチェンマイで初めて雨が降りました。ビエンチャンとウドンでも降られたのですが。乾季でも降ることもあるんですねぇ。

バカな記事をナーバスな記事で下に追いやる。どうしようもない。
読んでる人がいるとしたら、えらい迷惑な場所ですね、ここは。基本的に読む人のために書いてはいないんですね、はは。すいません、本当に。嫌だったらいつでも見切って下さい(笑) 後でお酒買ってこようっと。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://chaingmai.blog88.fc2.com/tb.php/42-3d13dd01
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
きゃははwww
なんだか物凄く反省恐縮自己嫌悪なご様子wwwww
で、何をどう書き換えたのかとかと読み返すも・・・美青年にクラっときちゃった話も残ってるし、ビア・ラオの大瓶を呑んじゃったことも消えてないし・・・あー!もしかして、名詞を換えました?表現を少し上品にしてみました?w
いやぁ~、確かに思い切った表現するな~とは思わなくもありませんでしたがwもし書き手が男だったら僕も少し引いたかもしれませんww でもね、書き手が女性でそれ相応の見識を持っている方だと分かっているので、むしろさっぱりきっぱりな表現に笑い転げていたのですが、なんだか無闇に落ち込んでいるご様子wwwww あれ? 違います?^^A;
で、それはそうと、なんでバスで帰ってきたかとうことについて、何かのハプニングがあったのじゃないのですか? そういう話に繋がるのかなと思っていたのですが。ええと、その、バスに乗れるのか確かめたかったって、凄く分かる気がします。足首を折っても、高所をトレッキングできるのかって、思いますもん。多寡が移動のことで、飛行機だろうがバスだろうが目的地に着くってこととそこで見るものは同じだけど、きっと見えてるものは違うんだろうなって思うんです。夏休みと有給と代休合わせて3週間ぶち抜きで北パキを旅した時、新疆から来たパッカーを見掛けて何処か寂しかったのを覚えてます。最近は言いませんが、数年前、「四十にして惑々」をもっとうにしてました。・・・こういうことを言う奴がいるのがいけないかな^^A; まあ、持病(腰のことじゃないですよ)ですから人生になるべく支障の無いように付き合っていくしかないのかなと。あ、あの、長距離バス移動を勧めているのではありませんからね!
長文失礼且つ前半、笑い過ぎました^^ ごめんなさい m(_ _)m 
Posted by 没意見 at 2008.01.29 22:34 | 編集
笑ってくださってありがとうございます(平伏)。ええ、ええ、もうそれが、一番の薬でございます(も一回平伏)。
えと、そうなんです、例の「ウンコ」を書き換えたんですよ。ロバに「99%の人が眉をひそめる」って言われて、根性のない書き手なんですぐに書き換えるw 
へぇ、どん底まで落ち込んでましたw あまりの自己嫌悪に頭も丸めました(美容院に行っただけですが)。その後恩師から「もっと書け」と励まされてやや立ち直り、没さんもあの第一稿で笑ってくださったようなので、もう一歩立ち直りました。もっと反省したほうがいいかな……w
バスの話は、ええ、別に理由があります。また書きますね。
それと、没さんのおっしゃる通り、移動の手段は何でもいいとは言い切れない部分ってありますよね。そこに着けばいいのではなく、着くまでの過程こそが旅だったりするから。バスに乗れなければ、ある意味、もう旅はできないってことかなぁと思ってしまいます。
めちゃくちゃ救ってもらいましたです。いつもお世話かけてすみませんw
Posted by ヤマネ at 2008.01.30 02:07 | 編集
こんばんは、市原悦子です。
ねえはるみちゃん、あなたどう思う?
やっぱり没さんの優しさかしら。見て見ぬふり…
でもアタシ見たのよねえ。。。
(回想シーン)
あれは目の錯覚なんかじゃなかった。。。
まあいいけど、面白かったし。進軍ラッパ鳴らそうかなんて思ったりしたしね。ねえ、どうして消しちゃったんでしょうねえ。
あら、言っちゃったわ。
そろそろ会長さんに次の派遣先探しといてもらおうかしら。
それにしても、バスの話が気になるわね。
Posted by はぶ at 2008.01.30 19:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。