FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.02.04

援助物資来る

080204ramune.jpg
なつかしラムネ


昨日、友人が届けてくれた援助物資の中にあった、駄菓子のラムネ。
いつもと言うわけではないのですが、私は時々これがなくてはいられない人間になり、スーパーに走っては買ったり、あるいは夫に「例のヤク買ってきて」と頼んだりします。
最近はその症状が収まっていたのですが、ははは、夫が入れてくれましたよ。
うーん、ここであの発作が出ていたら、やばいな、確かに。
売っていないでしょうからね、多分、どこでも。

最近ちょっと私、頭ヘンかもしれません……。そろそろ帰国したほうがいいかな(笑)。いや、このラムネで乗り切れるかも。

この友人夫妻とは、2000年に青海省のゴルムドで会って以来の付き合いです。もう足かけ8年。今はうちよりずっと年商の大きいアジアもの屋さんを経営しています。
10年後に、という話になりました。そのとき我々はとあるタイ飯屋でテーブルを囲んでいたのですが、10年後、ここで同じようにテーブルを囲んでいるのではないか? と誰かが言い出し、大笑いになりました。
私はやはり市内はずれのアパートで仕入れを兼ねて滞在しており、彼らは仕入れに来て会っている。10年前も同じようにしていたね、と話す我々。「僕、もう48になりましたよ」と呟く友人に向かい、既に50を越えている私は、「50越えたら楽になるから」と励ます……。「くたびれたおっさんバイヤーにだけはなりたくなかったのに」と嘆く彼に、その妻が「こうなるしかなかったじゃん」とつれなく言う。「せめて今夜はトゥクトゥクで帰りなさい、荷物もあるんだし」と言う私に向かって、2人は「いいえ、歩いて帰ります」…………。
大いにありえそうな話で、いやほんと、大笑いでした。

2000年のチベットでは、抜きつ抜かれつ結局国境まで、お互い陸路でヒッチで行きました。偶然国境でばったり会って、一緒に中国を出国したのだけど、私は車に乗ろうと言ったのに、この2人が「高い」とかなんとか言ったおかげで歩くハメになって、ほんと、えらい目に遭いましたよ。今でもそのことは恨み節だよ、私。だって10キロもあったんだよ、あの緩衝地帯! おまけに急坂の連続だよ、もう、転げ落ちるんじゃないかと何度も思ったよ。(まぁこれは、私が調子に乗ってチベタンに連れられてショートカットしたせいなんですが)
まぁ、今となっては笑い話ですけどね。あの緩衝地帯を全部歩いて下りたバカって、そうはいないと思うよ、うちら、自慢できるかもね(笑)

援助物資には文庫本や薬(エアーサロンパスとか)なども入ってました。友人夫妻からも、ビールのつまみなどが……。だからビールはラオスだけだってば!

ではまた。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://chaingmai.blog88.fc2.com/tb.php/49-d6e32504
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
初めてのチベットIN(雨の中)と最後のチベットIN&OUTと。
そうか、バカだったのか…。。。
Posted by はぶ at 2008.02.04 19:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。